このページはJavaScriptを使用しています。
ご使用中のブラウザはJavaScriptが無効になっているか、JavaScriptに対応していません。
JavaScriptを有効にするか、JavaScriptが使用可能なブラウザでアクセスして下さい。

世界で8,000隻以上の採用実績を誇る
高圧式CO2消火設備

高圧式CO₂消火設備
船舶内での設置図

エア・ウォーター防災がご提供する高圧式CO2消火設備は、60年余りの経験に基づく技術の結晶です。その技術力と信頼性が高く評価され、今日までに全世界の8,000隻を超える船舶に採用されています。

低圧式CO2消火設備

低圧式CO₂消火設備

低圧式CO2消火設備は1971(昭和46)年に開発された大型消火設備で、既に230隻以上の大型船舶に搭載されています。採用されているCO2貯蔵タンクは2基の冷凍装置によって-17℃、2.1MPaに維持され、万一の際にも安定した性能を発揮します。

煙管式火災探知装置(煙探知機)

煙管式火災探知装置(煙探知機)

煙管式火災探知装置は、船舶貨物区域の火災探知に使用されます。二酸化炭素消火設備と兼備することで、火災探知と消火活動を、より迅速的に行うことが可能になります。本装置は常時、貨物区域からの空気を吸引し、煙濃度を監視しています。煙を感知すると火災警報を発します。また、排気の臭いから火災が確認できます。