このページはJavaScriptを使用しています。
ご使用中のブラウザはJavaScriptが無効になっているか、JavaScriptに対応していません。
JavaScriptを有効にするか、JavaScriptが使用可能なブラウザでアクセスして下さい。

信頼の「ブランド」が生命を救う活動をサポートします。

日本の呼吸器の歴史とともに

1927(昭和2)年に国産初の酸素呼吸器を開発して以来、当社は用途に応じた様々な呼吸器を世に送り出してきました。「どんな環境下にあっても、人が安全に活動できるようサポートする」それが私たちの使命。日本の呼吸器の歴史とともに歩んできた私たちは、これからもその歴史を紡いでいきます。

緊迫した空気が張りつめた災害時。どんなに危険な場面でも、人々の生命(いのち)を守りたい

私たちは、自分自身が救助活動に参加しているという強い思いで「呼吸器」を開発しています。

「動きやすさへの追求」は止まることがありません

安全性、信頼性を追求するだけでなく、活動現場での使いやすさ、動きやすさを追求した製品開発を行っています。

潜水調査船や潜水艦の空気清浄をサポート

画像提供:海洋研究開発機構

1932(昭和7)年に既に潜水艦用空気清浄装置を開発していた当社は、国産第1号潜水艦「おやしお」の空気清浄装置を納入。その後も多くの潜水艦でたくさんの生命を守り続けています。現在も、世界の海で活躍する有人潜水調査船「しんかい6500」に当社の空気清浄技術を提供しています。