このページはJavaScriptを使用しています。
ご使用中のブラウザはJavaScriptが無効になっているか、JavaScriptに対応していません。
JavaScriptを有効にするか、JavaScriptが使用可能なブラウザでアクセスして下さい。

日本最大級の振動試験設備

振動試験センターの概要

振動試験センター 外観
  • 試験体を10t車両で建屋内に搬入可能
  • 建屋:約30m×約17m
    (加振試験室部:天井高さ約10m、事務室部:2階建)
  • 天井クレーン:容量 2.8t/揚程 6m
見取り図・内観

加振機の仕様

◆大型3軸同時加振試験装置

大型3軸同時加振試験装置 1
大型3軸同時加振試験装置 2
  • ①周波数 0.5~100Hzまで加速度制御
  • ②高加速度人工地震波に対応
    2.5t搭載時:水平3.3G/垂直2.6G
    (日本最大級)
  • ③サインビート試験も実施可能
    水平:2.5t搭載時 最大3G
    垂直:1.7t搭載時 最大3G
項目 仕様
  X軸 Y軸 Z軸
実測波加振力 160 kN 160 kN 160 kN
最大加速度(無負荷) 60m/s2 60m/s2 40m/s2
最大加速度(2.5t) 32.7m/s2 32.7m/s2 25.8m/s2
最大速度 1.5m/s 1.5m/s 1.0m/s
最大変位 300mmp-p 300mmp-p 200mmp-p
振動数範囲 0.5~100Hz
最大搭載質量 約2.5t
振動台寸法 2.5m×2.5m
計測ch数 15ch

◆単軸加振試験装置

単軸加振試験装置

2016年8月導入

耐震性評価で使用する人工地震波形

耐震性評価で使用する人工地震波形

サインビート波形(7Hz 3G)

サインビート波形(7Hz 3G)

試験可能な波形

  • 人工地震波
  • 阪神・淡路大震災、東日本大震災などの地震波形の再現
  • 正弦波波形
  • サインビート波形

◆お問い合わせ

TEL (078)992-1430FAX (078)992-1416

〒651-2271
兵庫県神戸市西区高塚台3丁目2番地16
振動試験センターまで