このページはJavaScriptを使用しています。
ご使用中のブラウザはJavaScriptが無効になっているか、JavaScriptに対応していません。
JavaScriptを有効にするか、JavaScriptが使用可能なブラウザでアクセスして下さい。

メールやお電話でよく寄せられるお問い合わせ内容をご紹介しています。
お問い合わせの前にご活用ください。

Q

病院機能評価で手術室として対応すべき項目はありますか?


A

手術室設備に関する項目について

手術室設備に関する項目としては、下記の項目が挙げられます。
「機能に見合った施設・設備・機器・薬品などが整備され、適切に管理されている」
1.必要な手術室が整備されている
2.手術内容に見合った空調設備および空気清浄設備があり、保守点検されている
3.医療ガス配管や麻酔器、必要なME機器・手術器具が整備され、保守点検されている
4.余剰ガス排出装置がある
5.麻薬・毒薬・劇薬・ハイリスク薬剤などの薬剤が適正に保管・管理されている
6.輸血用血液製剤の保管・管理が適切に行われている
7.清潔ゾーンが明確にされている