このページはJavaScriptを使用しています。
ご使用中のブラウザはJavaScriptが無効になっているか、JavaScriptに対応していません。
JavaScriptを有効にするか、JavaScriptが使用可能なブラウザでアクセスして下さい。

ライフゼムA1シリーズ プレッシャデマンド弁から中圧ホースが外れる不具合について(点検のお願い、改修のお知らせ)

ライフゼムA1の安全点検について

弊社技術員がお伺いさせていただくまでの間、以下の点検・処置を実施いただき呼吸器をご使用賜りますようお願いいたします。

1.プレッシャデマンド弁を持ち、回転継手を引っ張って外れないことを確認してください。
注.外れた場合は、空気呼吸器を使用しないで下さい。

ライフゼムA1の安全点検 1

2.継手のピン穴(4ヶ所)からピンが飛び出していないことを確認してください。
なお、継手のピン穴は、継手のツバ部分にありますが、ツバの固定位置は製品により異なるため、写真の位置にピン穴が来るとは限りません。

ライフゼムA1の安全点検 2-1

注.ピンが飛び出している場合は、金づち、またはマイナスドライバーでピンを押し込んでください。押し込めない場合は、空気呼吸器を使用しないで下さい。

ライフゼムA1の安全点検 2-2

3.アルミテープあるいは絶縁テープ(ビニールテープ)を長さ15cm、幅1cmに切断し、継手のピン穴の上に巻きつけてください。

ライフゼムA1の安全点検 3

●安全点検について

プレッシャデマンド弁と中圧ホースは継手の2本のピンで結合されています。ピンが2本とも外れてしまうと中圧ホースは外れてしまいますが、1本でも残っていれば中圧ホースが外れることはありません。アルミテープあるいは絶縁テープを上から巻きつけることでピンの脱落は充分防げます。弊社技術員がお伺いして確実な処置を施すまでの間、この安全点検を実施賜りますよう、よろしくお願いいたします。

ライフゼムA1の安全点検 4

●改修内容(ご参考)

弊社技術員がお伺いし実施する改修は以下の通りです。

改修内容(ご参考)

対象機種【ライフゼムA1】

ライフゼムA1には、以下の表示をしております。

プレッシャデマンド弁のゴムカバーの中央部に、「LIFEGEM A1」の浮き出し文字が表示されています。ゴムカバーの文字が判読しにくい場合、または、ゴムカバーが付いていない場合は、黄色いリングの中心部にも同様の表示がされています。

ライフゼムA1の表示 その1

減圧弁の円筒部分に付いているプラスチック製の表示板に、「LIFEGEM A1」の浮き出し文字が表示されています。

ライフゼムA1の表示 その2