このページはJavaScriptを使用しています。
ご使用中のブラウザはJavaScriptが無効になっているか、JavaScriptに対応していません。
JavaScriptを有効にするか、JavaScriptが使用可能なブラウザでアクセスして下さい。

国内最高水準の耐震安全性試験を行う「振動試験センター」を新設いたしました。

AIR WATER INC.

2016年5月16日
エア・ウォーター株式会社
(証券コード4088)
東証一部・札証
エア・ウォーター防災株式会社

国内最高水準の耐震安全性試験を行う「振動試験センター」を新設

 エア・ウォーターグループにおいて、手術室など病院設備工事をはじめ、呼吸器、消火設備等の開発、設計、製造を担うエア・ウォーター防災株式会社(以下:エア・ウォーター防災)は、国内最高水準の試験能力を持つ機器耐震性試験設備を有する「振動試験センター」を新設し、2016年4月27日より運用を開始いたしました。
 これによりエア・ウォーター防災は、これまで外部委託していた振動試験を全て自社で行うことが可能となり、消火設備や医療用ガス設備をはじめ、手術室設備、医療機器など、同社の幅広い設備・機器において、自社一貫体制による耐震安全性を保証することが可能となります。

1.経緯

 近年、電力施設や通信施設といった重要設備においては、地震対策の一環として耐震力確保の重要性がますます高まっており、振動試験による耐震力の実証が求められております。一方、国内における受託試験場は、輸送機器類を対象とした単軸加振による試験場がほとんどであり、地震対策に必要な3軸同時加振による大型試験場は国内に数箇所と極めて少ない状況であり、試験場の確保が大きな課題となっておりました。
 そのようななか、エア・ウォーター防災が3軸同時加振による最新耐震性試験施設を新設することは、振動試験を必須とするお客様へのよりスピーディーな対応を可能にするだけでなく、医療関連や一般消火設備などにおいても、安全性を更に高めた新たな提案により、同社の機器やシステムとともに一層の安心をお届けすることが可能となります。
 今後、エア・ウォーター防災は、自社製品の耐震安全性の実証はもちろん、お客様からの振動試験へのニーズにお応えすることで、「人の生命と財産を守る」理念のもと、安心・安全を社会にお届けしてまいります。

2.振動試験センター建屋・設備概要

所在地 兵庫県神戸市西区高塚台3-2-16
建物の構造 鉄骨造地上2階建
建築面積 581.63 ㎡
延床面積 672.20 ㎡
設備概要 3軸同時加振装置(IMV㈱製) 1台
●振動台:2.5m×2.5m
●最大搭載質量:2.5t
●最大加速度:水平 3.3G 鉛直 2.6G
※ 上記設備に加え、単軸加振機1台を2016年8月末目処に新設予定

振動試験センター

以上

【本件に関するお問合せ先】

◇ エア・ウォーター防災株式会社  消火事業部  担当:安田
〒532-0004 大阪市淀川区西宮原2丁目1番3号
TEL.06-6394-9522 / FAX.06-6394-9532

◇ エア・ウォーター株式会社  広報・IR室
〒542-0081 大阪市中央区南船場2丁目12番8号
TEL.06-6252-3966 / FAX.06-6252-3965